やなファーム | ご利用方法
2
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-2,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1300,footer_responsive_adv,qode-theme-ver-11.0,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive
HOW TO USE
かるつちくんのご利用方法
はじめに

  1. 「かるつちくん」を鉢に入れます。また、堆肥も不要です。
  2. 水を十分含ませます(写真①)。植物の吸水がよくなります。
  3. ぐいぐいと手で押し込み固めてください(写真②)。ファファだと水がすぐ流れてしまいます。

写真①事前に水を十分に含ませます

写真②手で押し込む

準備完了

種のまき方、苗の植え方
種のまき方

A.トレーを利用する場合

  1. 十分に水を含ませた「かるつちくん」を、穴の開いたトレーに入れていきます。
  2. 種はそれぞれの穴に蒔き、その後、水を含ませた「かるつちくん」を軽くかけてください。
  3. 最後に蒸発防止のため、新聞紙や布切れを表面に覆っていただくとベストです。

①水に含ませる

②埋め込むように入れていく

③新聞紙等で覆う

④発芽したミニトマト

B.ビニールポット(9㎝)を利用する場合

  1. 十分に水を含ませた「かるつちくん」を、ポットにぐいぐいと詰めてください。
  2. 種は表面から5㎜〜1㎝の所に蒔き、水を含ませた「かるつちくん」で覆ってください。

①水を含んだかるつちくんをポットにぐいぐい入れる

②播種

③発芽したバジル

苗の植え方

園芸店やホームセンターで苗を購入した場合、2つの方法があります。

A.苗に土がついたまま「かるつちくん」の入った鉢に植える場合

  1. 苗をそのまま「かるつちくん」に植えます。
    根は「かるつちくん」中に広がって、活着していきます。

B.苗の根の土を落として、植える場合

  1. 苗の土を水で洗い流して、「かるつちくん」に植えます。
    ほとんどの苗は活着しますが、万が一活着しないこともあります。

①苗の根を洗う

②水洗いした根

③鉢へ植える

栽培後の管理方法
  • 再利用する場合は、太陽熱で殺菌・乾燥させてください。(夏:1週間、冬:2週間程度)
    鉢の中に張っている根は残ったままで結構です。大きな根は抜いてください。
  • もう使わない場合は、ごみ袋に入れて捨ててください。

栽培後の処理

①根が残っている状態

②袋に入れた状態

③鉢ごと乾燥させている状態

④鉢から出し乾燥させている状態

水のやり方

「かるつちくん」は底面給水がきき、水持ちがよく、水管理が楽になります。お出かけが安心です。

  1. たっぷり水をかけ、充分に水を含ませてください。  植物や季節によって異なりますが、一般の土を使った場合の80%位の水を上げてください。
  2. 植木鉢の受皿に水を満たし、鉢底が水に接している場合、給水力が強く、鉢のほぼ上層部まで水が吸い上げられます。
  3. 底面給水鉢をご利用いただくと吸水がよくなります。

栽培後の処理

①受皿に水たっぷり

②底面給水ポット

肥料のやり方

肥料のやり方は、一般の土の場合と同じです。

  • 肥料は「かるつちくん」に混ぜてもけっこうですが、表面に肥料を置くだけでも育つと思います。
  • 「かるつちくん」は水はけがよいので、肥料も土に比べ少し多めに施肥してください。
  • 「かるつちくん」のもとは化学繊維なので、微量要素は入っていません。少量、入れてください。

肥料

①表面に化成料散布

②石灰も散布